昭和26年に当時の陶村診療所から出発し、常に地域に密着した医療機関として歩んで参りました。 当院の理念は、まず、「心の通う医療で、地域の方に愛され、信頼される病院をめざします」です。外来、入院の医療とともに、在宅医療、人工透析、各種検診、特定検診・保健指導などに取り組んでいます。基幹病院や地域の医療機関とも連携していますので、安心して受診していただければと思います。 香川シームレスケア研究会、高松・東讃地区シームレスケア研究会にも参加し、地域の医療連携も積極的に行っております。また、へき地医療支援病院に指定され、へき地診療所の支援も重要な柱としております。今後も地域に密着した良質な医療を提供して参ります。 二つ目の基本理念は「医療のみならず、保健・福祉と連携し、地域包括ケアシステムを構築することによって地域の発展に努めます」です。現在、健康づくりや介護・福祉の問題は非常に重要です。病院に隣接して建てられた国保総合保健施設綾南「えがお」には、これらに関係する町の健康福祉課、老人介護支援センター、訪問看護ステーションが一同に集まっています。また、その隣に平成21年4月に介護老人保健施設あやがわが開設されました。これらを一体的に運用するとともに町内・隣近の医療機関、福祉施設とも連携し、住民の方が安心して健康で長生きできる町づくりに貢献したいと考えております。 また、当院は、子どもの問題にも力を入れています。平成13年4月には、県下初の病児保育室「うぐいす」が開設されました。小児科医・看護師の病院スタッフが町と協力して運営にあたっております。子どもさんが病気になられた場合、ご両親が仕事に行くのが非常に不安であったり、休まなくてはならないことがありましたが、この「うぐいす」を利用いただくことで安心して仕事に行くことができるということで、多くの方に喜んでいただいております。 最後に、我々職員は、地域の皆様方に「陶病院があってよかった」と思っていただけるよう、今後も精一杯努力して参ります。詳しくは、この職員手作りのホームページをご覧ください。ご不明な点がどんなことでもお気軽にご連絡いただければ幸いです。



私達、看護部はチーム一丸となり、コミュニケーションを大切に、思いやりの心を忘れず、患者様・地域住民の皆様に陶病院を選んでいただける病院作りを目指しています。 そこで今回は、幾つかの事例をご紹介いたします。 “看護の心”を伝えるイベントとして県下医療機関では【ふれあい看護体験】を実施しています。陶病院も香川県看護協会に協賛し、看護現場を身近に体験できる機会となるよう看護体験を実施しています。他にも、県内の数施設で行われる【介護師の吸引に関する研修会】にも協賛し、看護の基本や情報提供を継続的に行っていく予定です。 また【中学生職場体験】を各中学校の授業の一環として実施され、学生さんが実際の現場を体験し、将来への進路を考えるきっかけになればと思っています。その他、介護現場の充実を図る目的として、綾川町社会福祉協議会主催【ヘルパー講習会】への講師派遣も行っています。 地域密着を基本に住民とのふれあいや情報提供を継続的に行い、地域に貢献していきたいと思っています。

綾川町国民健康保険陶病院All Right Reserved